南山堂

カートを見る

薬局

とびだせ、薬剤師!
臨床現場で活躍する薬剤師の知識やスキルのおさらい&アップデートをサポートする雑誌

月刊:毎月5日発行 B5判 定価:2,200円(本体2,000円+税10%)※増刊号・臨時増刊号を除く ISSN 0044-0035

薬局

とびだせ、薬剤師!
臨床現場で活躍する薬剤師の知識やスキルのおさらい&アップデートをサポートする雑誌

月刊:毎月5日発行 B5判 定価:2,200円(本体2,000円+税10%)
※増刊号・臨時増刊号を除く ISSN 0044-0035

表紙
注文数:

予約受付中

電子書籍はこちら

電子書籍はこちら

2024年5月 Vol.75 No.6

腸内細菌となかよく

生きて腸までとどく薬学管理

ISBN 978-4-525-94004-1

定価

2,200(本体 2,000円+税10%)

  • 巻頭言
  • 目次
巻頭言
整腸薬やプロバイオティクス食品が広く普及し,腸内環境が健康の維持・増進に重要であるという考え方が一般的なものとなるにつれて,腸内細菌は一般の人々にとっても身近な存在となってきた.薬局やドラッグストアなどで,患者さんから腸内細菌やプロバイオティクスについて相談を受けたことのある薬剤師の方も多いのではないだろうか.抗菌薬をはじめとして,プロトンポンプ阻害薬(PPI)やメトホルミンなど,日常的に使用される薬剤のなかで,腸内細菌叢に影響を与えるものがある.また今後,腸内細菌についての研究が進展し,病院や薬局などにおける腸内細菌叢検査の普及なども期待されるなかで,薬剤師に腸内細菌の知識が求められる場面は増えていくと考えられる.
ヒトの腸内には数百種類,100兆個ほどの腸内細菌が生息している(腸内細菌叢).腸内細菌叢は,ヒトが摂取した食物の一部を栄養源にすることで,腸内での生存を果たすとともに,生存過程で産生される菌体成分や代謝物を介してヒトの免疫系・代謝系・神経系などに作用し,宿主生理機能の向上に寄与している.また,腸内細菌叢は,薬剤や食事療法の効果にも影響を与える可能性が示唆されている.各腸内細菌は異なる菌体成分・代謝能を有しているため,腸内細菌叢の構成変化は,腸内の菌体成分や代謝物の組成を変動させ,その結果,宿主生理機能にも影響を及ぼす.そのため,整腸薬やプロバイオティクスに関する知識に加え,腸内細菌の機能,腸内細菌叢に影響を与える因子についても,薬剤師としてしっかりと理解しておくことが重要である.
そこで本特集では,整腸薬の薬学的管理や食事指導,プロバイオティクス食品の適切な使用についての患者さんへのアドバイスなど,臨床ですぐに活かせる実践的な知識,そして今後薬剤師に必要とされるであろう,腸内細菌についての基礎知識から最新知見を両輪として企画した.薬剤業務に活かせる腸内細菌についてのQ&Aを冒頭に掲載し,各テーマについての詳細な内容を以降の各項目で解説いただく構成となっている.
本特集が薬剤師の方々にとって腸内細菌についてあらためて学ぶ機会となり,薬物療法だけでなく食事や生活習慣の改善などを通じて,患者さんの健康をサポートするきっかけとなれば幸いである.

北里大学薬学部 微生物学教室 教授
金  倫基
目次
特集
腸内細菌となかよく
生きて腸までとどく薬学管理

■特集にあたって(金  倫基)

■薬剤業務に生きてはたらく! 腸内細菌Q&A
・腸内細菌とヒトとのかかわり篇(野本 康二)
・プロバイオティクス・プレバイオティクスのしくみ篇(伊藤 雅洋 ほか)
・整腸薬の使いかた篇(児島 悠史)
・食品・食事のすすめ篇(井上  亮 ほか)

■腸内細菌の生態,人体とのかかわりを探る!
・腸内細菌の暮らしをひもとく(小田巻 俊孝)
・腸内細菌の代謝産物のはたらき(池田 貴子 ほか)
・腸内細菌の免疫系へのかかわり(杉原 康平 ほか)
・腸内細菌の影響を受けるくすり ─腸内細菌と「くすりのかたち」の関係─(浅井 考介 ほか)
・コラム 免疫チェックポイント阻害薬と腸内細菌(倉増 敦朗 ほか)
・皮膚常在細菌叢のはなし(松岡 悠美)
・口腔常在細菌叢のはなし(多田 浩之)

■腸内細菌叢のバランスが変化するとき,くすりと治療
・腸内細菌叢に最も影響を与えるのはくすりです,影響度の高いくすりとは?(永田 尚義)
・薬剤師のためのClostridioides difficile感染症(CDI)のはなし(森永 芳智)
・腸内細菌と経腸・静脈栄養 ─救急・集中治療領域における腸内細菌叢と腸管内治療─(清水 健太郎)

■腸内細菌の知識を活かして,患者の健康を支える!
・整腸薬・プロバイオティクス食品を活用する(藤戸 淳夫)
・腸内環境を整える食事のはなし(金  倫基)
・腸内細菌叢検査のこれから(黒川 李奈 ほか)

シリーズ

■ガチではじめる マジでわかる 経口抗がん薬
 ゼローダ(カペシタビン)のピリピリ感
 (郷 真貴子)

■えびさんぽ
 プロバイオティクスには,どのような効果が期待できますか?
 (青島 周一)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・緑茶でラロキシフェンの⾎中濃度が低下
 ・薬局での運動の声かけでフレイル予防の可能性
 (佐藤 宏樹 澤田 康文)

■飲み合わせ研究所 子どもの服薬Tips
 〈第17回〉オラペネム小児用細粒10%
 (小嶋  純 米子 真記)

■ぐっとよくなる! 漢方処方 快訣ビフォーアフター
 〈第5回〉めまい・冷えに対する処方の使い分け
 「実証」・「虚証」を生薬ベースで理解する
 (津田 篤太郎)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ
〈第29回〉オンラインでの退院時共同指導
 (中嶋 亜紀)

■現場で働く薬剤師のための 臨床薬学研究のオモテ・ウラ
 〈第29回〉ベテラン薬剤師が研究を始めるためのオモテ・ウラ
 (大井 一弥)

■薬剤師力の型 新たな思考と行動プランを手に入れろ!
 〈弐拾玖ノ型〉高齢化により増加するcommon disease 心房細動を管理できる薬剤師を目指せ!
 (相川 祐貴)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む