南山堂

カートを見る

治療

 ジェネラリストが
「いま」必要な情報を届ける雑誌

月刊:毎月1日発行 定価:2,750円(本体2,500円+税10%)※増刊号・臨時増刊号を除く ISSN 0022-5207

治療

ジェネラリストが
「いま」必要な情報を届ける雑誌

月刊:毎月1日発行 定価:2,750円(本体2,500円+税10%)※増刊号・臨時増刊号を除く ISSN 0022-5207

2022年8月 Vol. 104 No.8

どこが変わった? どこを変えない?

知りたいがわかる 頭痛診療

定価

2,750(本体 2,500円+税10%)

  • 今月の視点
  • 特集の目次
  • 連載
今月の視点
頭痛診療の意義とやりがい

 頭痛は神経系の受診の主訴では最も多いもので,プライマリ・ケアや救急の現場で受診することも多い.有病率からすると緊張型頭痛が最も多いが,片頭痛のほうが生活支障度が高いため,きちんと診断すると,受診患者の診断は片頭痛のほうが多くなる.しかし,頭痛を専門とする頭痛学会専門医は少なく,多くの頭痛患者が非専門医によって診断され,加療されている.患者も鎮痛剤が薬局で容易に入手できるため,診断を受けずに,鎮痛剤で対症療法を行い,やがて薬物乱用頭痛に陥る患者も多い.
 頭痛は患者本人の主観であり,客観的評価が難しい.受診時には頭痛が改善していることも多く,頭痛の診断は問診が最も重要となる.国際頭痛分類は,頭痛を世界の標準で分類すると同時に,診断基準を示している.定期的改訂が行われ,最新版の第3版は2018年に発行された.国内では頭痛の診療ガイドライン2021が発行された.これらは現時点でのエビデンスにより専門家によって執筆されたものであるが,バイブルではない.今後のエビデンスにより変わり得る.新しい診断技術の登場により診断方法は変わり,新薬の登場により治療方法は変わる.頭痛を勉強する過程では,ガイドラインなどを参考にすべきであるが,経験を積んだら,それでよいかを検証し,疑問をもつことが必要である.それが新たな研究の種となり,研究し報告することが医学を発展させる.
 そのような先人の努力により頭痛医学の研究が進み,頭痛の病態が徐々に解明され,基礎研究の成果として,有効な治療薬が開発され,臨床の現場で使用されつつある.本特集は現時点で医療機関の最前線で頭痛診療に取り組んでいる専門医に執筆いただいた.頭痛診療,頭痛医学の守備範囲の広さ,奥深さを感じていただき,今後の頭痛診療へ取り組む契機となれば幸いである.

〔編集幹事〕
筑波大学水戸地域医療教育センター 脳神経外科
柴田 靖
特集の目次
■疾患各論
片頭痛(柴田 護)
緊張型頭痛(永田栄一郎)
群発頭痛(今井 昇)
脳血管障害(滝川知司)
脳腫瘍に伴う頭痛(山本哲哉)
トルコ鞍部病変に伴う頭痛(森永裕介,阿久津博義)
キアリ奇形・水頭症(鶴淵隆夫)
髄膜炎(塩谷彩子)
頭部外傷(柴田 靖)
薬剤の使用過多による頭痛(勝木将人,松森保彦,航 晃仁,鬼頭知宏)
頭蓋内圧・環境による頭痛(後藤正幸)
 
■シチュエーション別
小児でよくみる頭痛 (山中 岳,呉 宗憲,竹下美佳,森下那月美,石井知愛子,林 佳奈子)
精神科,心療内科でよくみる頭痛(橋本和明,端詰勝敬)
産婦人科でよくみる頭痛(稲垣美恵子)
眼科でよくみる頭痛(小平奈利)
耳鼻科でよくみる頭痛(室伏利久)
 
■治 療
片頭痛の新薬(柴田 靖)
漢 方(來村昌紀)
鍼治療(石山すみれ)
連載
1 問1 答! 在宅報酬必須知識(3)
介護保険の対象者(永井康徳)
 
えびさんぽ(8)
漢方製剤は効果がありますか?(青島周一)
─ ランドマークスタディと路地裏エビデンス
─ 臨床での使い方
 
メンタル産業医が教える! 今月の筋トレ処方(8)
体幹部の総合鍛錬にて筋トレ効果は倍増,腰痛& 肩こりは反比例の「半分こ」♪ ~名犬ジョリィ~ (櫻澤博文)
 
アフターコロナの検疫(3)
感染症から労働者を守る(田中一成)
 
メンタル産業医が解決! 忙しい医師のためのレジリエンス力Up 術(8)
亜急性期中,自分だけで気分転換ができていない場合に(櫻澤博文)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む