南山堂

カートを見る

薬局

とびだせ、薬剤師!
臨床現場で活躍する薬剤師の知識やスキルのおさらい&アップデートをサポートする雑誌

月刊:毎月5日発行 定価:2,200円(本体2,000円+税10%)※増刊号・臨時増刊号を除く ISSN 0044-0035

薬局

とびだせ、薬剤師!
臨床現場で活躍する薬剤師の知識やスキルのおさらい&アップデートをサポートする雑誌

月刊:毎月5日発行 定価:2,200円(本体2,000円+税10%)
※増刊号・臨時増刊号を除く ISSN 0044-0035

表紙
立ち読み
注文数:

在庫あり

電子書籍はこちら

電子書籍はこちら

2022年8月 Vol.73 No.9

頻用漢方薬の使いこなし

典型レシピ・奥の手レシピ

定価

2,200(本体 2,000円+税10%)

  • 巻頭言
  • 目次
巻頭言
筆者は漢方薬を使う医師に3段階のレベルを考えている.

レベル1:症状・西洋病名を基本に処方決定する
レベル2:上記に漢方の身体所見の「脈診・舌診・腹診」を加える
レベル3:古典の漢方理論,現代漢方薬理学理論,EBMを考慮する

レベル1の処方箋は素人の発想と大差はなく,「かぜだから葛根湯」「フレイル(frailty)だから人参養栄湯」となる.その説明や養生の指導に薬剤師が苦慮することは少ない.しかし,その効果を具体的に解説できると有用性が増す.これが本特集:各論の前半にある「典型レシピ」の項目である.
一方,レベル2,3の処方箋では,使用目的が判然としないことがある.これに対して,おざなりに薬剤情報を提供すると,患者は不信感をつのらせて薬効が低下することもある.西洋薬で考えると,カルシウム拮抗薬のベラパミルが適応外使用で「群発頭痛・片頭痛」にも投与される(文献1).本治療法は欧米の内科書に従来から記載(文献2)があるし,薬理学的にも簡単に納得できるので,循環器疾患でなく頭痛目的に処方されても説明には困らない.翻って,漢方薬は西洋薬のように,常に理論的に作用機序を告げられるわけではない.例えば,添付文書で柴胡桂枝湯の効能をみると,流感など急性上気道炎の薬剤かと思いきや,胃潰瘍,胆石,膵炎,肝障害と消化器疾患が羅列されている.適応疾患の「守備範囲」が広すぎるのである.そこで「熟練漢方医の意図を見抜く」,これが特集後半の「奥の手レシピ」の項目である.
以上をふまえて,著名な実践的漢方医に頻用12方剤の解説をいただいた.
古典落語の枕に「葛根湯医者」というものがある.頭痛で葛根湯.腹痛でも葛根湯,神経痛でも,眼病でも,あげくには付添看護人にまで,となる.最後は冗談としても,他はレベル2,3の処方箋であれば小咄ではなく,十分に納得なのである.

センプククリニック 院長/大阪医科薬科大学 臨床教育教授
千福 貞博

引用文献
(文献1) 島田和幸ほか編:今日の治療薬2022. 南江堂, p.680, 2022.
(文献2) Niel HR et al:Harrison’s Principles of Internal Medicine, 13th edition. McGraw-hill, p70, 1994.
目次
(特集)

■特集にあたって
・頻用処方薬の典型レシピ・奥の手レシピ(千福 貞博)
 
■漢方薬の特徴を的確に伝えることができますか?(千福 貞博)

■頻用漢方薬レクチャー 基本の「典型レシピ」
・大建中湯(飯塚 徳男)
・牛車腎気丸(伊藤 友一)
・抑肝散(八幡 曉直)
・六君子湯(志水 倫子 ほか)
・芍薬甘草湯(福原 慎也)
・葛根湯(貝沼 茂三郎)
・麦門冬湯(境  修平)
・補中益気湯(浅羽 宏一)
・五苓散(來村 昌紀)
・加味逍遙散(西田 欣広)
・人参養栄湯(今村 友裕)
・半夏瀉心湯(米永 一理)

■頻用漢方薬レクチャー 自在に扱う「奥の手レシピ」━処方の選択肢を広げる!
・大建中湯(飯塚 徳男)
・牛車腎気丸(伊藤 友一)
・抑肝散(八幡 曉直)
・六君子湯(鈴木  甫 ほか)
・芍薬甘草湯(福原 慎也)
・葛根湯(貝沼 茂三郎)
・麦門冬湯(境  修平)
・補中益気湯(浅羽 宏一)
・五苓散(來村 昌紀)
・加味逍遙散(西田 欣広)
・人参養栄湯(今村 友裕)
・半夏瀉心湯(米永 一理)

Exercise  

シリーズ

■えびさんぽ
 漢方製剤は効果がありますか?
 (青島 周一)

■くすりのかたち外伝わかる! 使える!
 まいにち薬会話〈第8回〉
 「混ぜないでください」(後編)
 (浅井 考介 柴田 奈央)

■喫茶よりみち
 薬剤師の知っ得リテラシー〈Scene #08〉
 「ウイルス対策製品」って実際どうなの?~行政が動いた事例から考える~
 (井出 和希)

■薬剤師力の型新たな思考と行動プランを手に入れろ!〈捌ノ型〉
 薬物相互作用のマネジメントは添付文書の先を追及せよ!
 (山口  諒 大野 能之)

■薬剤師が三ツ星シェフ-業務に活きる!活かせる!
 経静脈栄養のホントのところ- 番外編 リハビリテーション栄養と薬剤師③
 〜これから必ず求められる視点〜
 (東 敬一朗)

■腫瘍薬学ハイライト
 免疫チェックポイント阻害薬とその耐性獲得機構
 (川西 正祐)

■薬剤部門管理者・ミドルマネジャーのためのBSC活用入門〈第5回〉
 急性期病院の薬剤部における応用
 ~正しく作らなければ,正しく使えない~
 (大幸  淳)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ〈第8回〉
 拒薬の因数分解
 (篠田 康孝)

■現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ〈第8回〉
 業務環境のオモテ・ウラ②〜お金とうまく付き合う技法〜
 (大井 一弥)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・剤形選択の方法でアドヒアランスが異なる
 ・高齢でも降圧薬による治療は有効
 (佐藤 宏樹 澤田 康文)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む