南山堂

カートを見る

治療

 ジェネラリストが
「いま」必要な情報を届ける雑誌

月刊:毎月1日発行 B5判 定価:2,750円(本体2,500円+税10%) ISSN 0022-5207

治療

ジェネラリストが
「いま」必要な情報を届ける雑誌

月刊:毎月1日発行 B5判 定価:2,750円(本体2,500円+税10%) ISSN 0022-5207

表紙
注文数:

予約受付中

2022年10月 Vol. 104 No.10

シン・アレルギー診療

プライマリ・ケア領域のアレルギー アップデート

定価

2,750(本体 2,500円+税10%)

  • 今月の視点
  • 特集の目次
  • 連載
今月の視点
新しい知識で芯をとらえた診療を

 アレルギー診療はここ数年で診断(コンポーネントRAST検査など),治療(生物学的製剤,JAK阻害薬などの承認,新しい抗アレルギー薬の登場など)において,大きな進歩があった.しかしながら,これらの新しい診療における武器も守備範囲の限られているアレルギー専門医のみに周知されている状況では,十分にその恩恵を日常診療でアレルギーを患っている多くの患者に届けることは困難である.ということで,最新の情報を伝えて役立ててもらうために多くのガイドラインが改訂されている.しかしながら,公式なガイドラインはあくまでエビデンスベースを基本とすることが多く,実際の新規薬剤の使用開始の臨床的判断や同効薬の使い分けなど,実際の診療において重要な点に関しては具体的な記述が十分でないことも認められる.
 今回の特集では,新規ガイドラインを基本としながらも,実際に診療にあたっている専門の先生に,実地臨床において必要な具体的な情報を経験に基づいて補完していただき,非専門医の先生の診療にお役立ていただくことを主眼において編集している.シン・アレルギー診療という特集名が示すとおり,いま実地診療の場で中心として活躍されている先生の多くが研修されていた2000年ごろから現在までに新しく変わった点がわかりやすいように各著者の先生に記述していただいた.また,多臓器のアレルギー疾患で共通に使われる薬剤に関してはそれぞれ項目を分け,内科医が少し苦手とすることのある外用薬,点眼,点鼻などの局所薬に関してもそれぞれ分けて解説いただいている.
 この特集号が,世界の最先端を行く日本の最新アレルギー診療がより多くの患者に届く一助となればと考える.

〔編集幹事〕
聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
岡田正人
特集の目次
■診 療
アナフィラキシー(小澤廣記)
食物アレルギー(崎原徹裕)
アレルギー性鼻炎,花粉症(湯田厚司)
アトピー性皮膚炎(岡本義久)
アレルギー性結膜炎(海老原伸行)
じんま疹(秀 道広)
気管支喘息(山本 佑他)
薬剤アレルギー(猪又直子)

■薬物療法
経口抗ヒスタミン薬(衛藤 光)
抗ヒスタミン薬以外の抗アレルギー薬(松山笑子,他)
点鼻薬(中条恭子)
点眼薬(藤島 浩)
吸入薬(山脇 功)
皮膚外用薬(内山明彦)
漢方薬(津田篤太郎)

■「○○」とアレルギー
「顆粒球」とアレルギー(松本奈津美,他)
「遺伝」とアレルギー(廣田朝光,他)
「肥満」とアレルギー(元根正晴)
「仕事」とアレルギー(小松﨑恵子,他)
「環境」とアレルギー(井上浩義)
連載
1 問1 答! 在宅報酬必須知識(4)
訪問看護は週に何回入れるか?(永井康徳)

えびさんぽ(10)
リズムコントロールかレートコントロールか,それが問題だ!(青島周一)
─ ランドマークスタディと路地裏エビデンス
─ 臨床での使い方

メンタル産業医が教える! 今月の筋トレ処方(10)
リアル腕立て伏せ 高効率 厚い胸板のつくり方(櫻澤博文)

メンタル産業医が解決! 忙しい医師のためのレジリエンス力Up 術(10)
短期(その月から翌月までに.週から月未満の時間単位のうち)に自身だけで気分転換ができていない場合に(櫻澤博文)

高齢者の元気をサポートする漢方処方プロセス(2)
食欲不振(谷川聖明)

総合診療POEMs ─ 診療で使える! 旬なオススメ文献─(9)
ビビるな! 症候性低ナトリウム血症の急速ボーラス投与治療!(加藤 開,佐々木貫太郎,西村正大)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む