南山堂

カートを見る

立ち読み
注文数:

在庫あり

アルゴリズムで考える薬剤師の臨床判断

症候の鑑別からトリアージまで

改訂2版

昭和大学医学部薬理学 教授 木内祐二 編

定価

3,300(本体 3,000円 +税10%)


  • B5判  241頁
  • 2022年7月 発行
  • ISBN 978-4-525-70292-2

鑑別・トリアージの流れが“わかる・できる” 患者サポートに必携の一冊!

薬局窓口で症状を訴える患者に対して,「どう対応すべきか分からない」「判断が難しい」といった悩みを感じたことはありませんか? 
薬剤師による「臨床判断」とは,心身の異常や症候を訴える来局者の健康相談に適切に対応し,疾患や病状を推測したうえで緊急対応,受診勧奨,OTC薬の推奨,生活指導などから妥当な対応方法を選択(トリアージ)する,この一連の臨床推論・判断の流れのことをいいます.
本書では,薬局で活用できる臨床判断アルゴリズムをもとに15症候の臨床判断を解説しました.

  • 目次
目次
第1章 総 論
1. 薬剤師による臨床判断のプロセス

第2章 アルゴリズムで考える臨床判断
1. 発 熱
2. 頭 痛
3. 発 疹
4. 浮 腫
5. 嚥下困難・障害
6. 腹 痛
7. 悪心・嘔吐
8. 下痢・便秘
9. 動悸・心悸亢進
10. 咳・痰・呼吸困難
11. 腰 痛
12. 関節痛
13. めまい
14. 意識障害
15. 記憶障害
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む