南山堂

カートを見る

立ち読み
注文数:

在庫あり

電子書籍はこちら

電子書籍はこちら

救急外来・当直で魅せる 問題解決コンピテンシー

1版

福井大学医学部附属病院 救急科 総合診療部 林 寛之 編集

定価

5,500(本体 5,000円 +税10%)


  • B5判  350頁
  • 2022年4月 発行
  • ISBN 978-4-525-41221-0

一晩乗り切ればいいなんて、甘い考えでは戦えない。

救急外来では教科書通りの典型症例というのはほんの一握りに過ぎません.だからこそ,本書では致死的疾患の非典型例や落とし穴をたくさん収載しています.あらゆる検査の感度や精度のエビデンスもしっかり記載し,覚えやすいニーモニックを多数盛り込みました!
一方で,「病気を診ずして,人を診よ」は医療の真髄です.それぞれの患者の生活・家族背景やニーズも捉えるからこそ,多様なニーズにも応えられるというものです.外来や当直中に出会うかもしれないちょっと困ってしまうようなシチュエーションの対応策も幅広く扱っています.
救急の普通のマニュアルから踏み込んで,本書は救急の実臨床現場での『困った』に応えられるような『一歩踏み込んだ「キラリ」と光る技』をこれでもかと惜しみなく披露しているので,是非自分のものとしてください!
本書とともに,ヒラリと軽やかに『切れ味のある救急の夜』を!

  • 序文
  • 目次
序文
 救急の現場は阿鼻叫喚の野戦病院のような肉食系救急もあれば,静寂のなかに落とし穴の潜むヒヤヒヤ草食系救急もある.歩いてくる患者を帰宅させて重症化して戻ってくることだけは何としても避けたいよねぇ.アメリカの救急医が約48,000人もいるのに対して,日本の救急専門医はせいぜい5,500人ほどしかおらず,日本の人口がアメリカの人口の約4割であることを考えると,救急医の数が足りているとは到底言えない.つまりは本書読者のような研修医や当直医など縁の下のアンサングヒーロー・ヒロインが日本の多くの救急を支えているんだ.パチパチパチ.専門外なのに日々自己研鑽し患者さんのために頑張っている皆様に心からエールを送る.あなたはエライ!
 救急患者は一晩乗り切れさえすればいいなんて,甘い考えでは戦えない.教科書通りの典型症例なんてほんの一握りしかいないから,難題に立ち向かうには竈門炭治郎のように「日の呼吸」や「水の呼吸」も使えた方がいい(私は使えませんが).本書は致死的疾患の非典型例や落とし穴もたくさん収載した.敵の手の内を熟知すれば,もうだまされないようになるはず.さらに救急での自分の心の安定度にも敏感になってストレスとうまく付き合えば,誤診もぐっと減り,患者満足度も向上する.「敵を知り,己を知れば百戦危うからず」by 孫子.
 またそれぞれの生活・家族背景やニーズも捉えるからこそ,患者の多様なニーズにも応えられるというもの.「病気を診ずして,人を診よ」は医療の真髄だ.医療システムを知っておくことも,救急の夜を乗り切る重要な要件なんだ.ホラ,そこの背中の痒いところに手が届く仕様になっているでしょ? あ,本で背中を掻くんじゃなくて,中身を読んでね.
 救急の普通のマニュアルは卒業したみなさんに対して,本書は救急の実臨床現場での“困った”に応えられるような「一歩踏み込んだ“キラリ”と光る匠の技」をこれでもかと惜しみなく披露するので,是非自分のものとして盗んで欲しい.……あ,本書を買ってくれたんだから,盗まなくてもいいんだぁ,吸収するんだったぁ,テヘペロ♪
 子どもの運動会の場所取りで早朝に出かけ,妻の誕生日プレゼントも忘れないようにして,日々激務で,学会発表が迫り,トイレも我慢し,睡魔と戦いながら救急で踏ん張るあなたにこそ,ヒラリと軽やかに「切れ味のある救急の夜」を過ごしてもらいたい.患者目線で真心を届ける救急医療ができる医療者に脱皮できるチャンスです(なんか変なキャッチみたいになってきた……).本書を読むと,少しひねりのある救急症例に当たりたくなるという副作用がでますが,それは腕が良くなったということ.「あぁ,今夜は暇だなぁ」と言っても救急車が増える副作用はありません(……多分).
 それでは,みなさん,全集中でショータイム!

2022年2月
私の無理難題にも耐え,全力で執筆してくれた気の置けない仲間たちに感謝しつつ…
林 寛之
目次
見逃し症例から学ぶ 絶対見逃したくない救急編
1 見逃しやすい頭痛のpitfalls
2 見逃しやすい胸痛のpitfalls
3 見逃しやすい腹痛のpitfalls
4 産褥期の落とし穴
5 のどは大したことないんだけど……
6 失神のpitfalls
7 意識障害:急にぼけた?
8 めまいって主訴はキライ?
9 腰痛:ホントに痛いもん
10 高齢者の転倒で知っておきたいこと
11 足が痛い? 大したことないけど ……
12 骨折はないと思ったのに……
13 薬疹:本当にかゆくないの?
14 ゴミ箱診断のpitfalls Part1
15 ゴミ箱診断のpitfalls Part2
16 血糖と決闘!? 高血糖・低血糖のpitfalls

知ってるとお得な救急編
17 謎の腹痛 CTは正常だけど……
18 借金はないけど,首が回らない
19 咬まれた! 刺された!
20 こんな中毒は安心? 不安?
21 知っ得,アレルギー
22 インフルエンザのpitfalls2
23 帯状疱疹:見逃しは救急医として退場方針!
24 高齢者ER診療の基礎

嫌がらずに頑張ろう編
25 酔っ払い? ン? 元酔っ払い?
26 GOMER,暴れる患者,対応困難な患者
27 治療を拒否する患者
28 frequent flyer ジョーレンさん,いらっしゃい
29 もしかして小児虐待?
30 ひょっとしてDV(IPV)?
31 高齢者虐待:本人は否定してるけど……
32 コンサルトを気持ちよくするには
33 防衛医療:念のためCTいいっすか?
34 在宅患者がやってきた

ちょっと苦手を克服しよう編
35 DNRを救急車で運んだの?
36 救急でACPって始めていいの?
37 家族問題を抱えて行き先が……
38 主訴が4つ以上あったなら……
39 入院させてほしい……
40 高齢者の不定愁訴
41 外国人がやってきた
42 病態は治せなくても……
43 救急室のポリファーマシー
44 怒りに対する対処法
45 小児救急のpitfalls
46 社会的処方が必要な患者
47 主治医は大病院です! さぁ困った!
48 仕事を聞けばわかったかも……
49 ブラック企業の患者たち
50 電話相談って困るんだけど……
51 診断がつかない場合
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む