南山堂

カートを見る

立ち読み
注文数:

在庫あり

電子書籍はこちら

電子書籍はこちら

医療者のためのLGBTQ講座

1版

一般社団法人にじいろドクターズ/川崎協同病院 総合診療科/東京慈恵会医科大学 臨床疫学研究部 吉田絵理子 総編集
はりまメンタルクリニック 針間克己 編集
一般社団法人にじいろドクターズ/亀田ファミリークリニック館山 家庭医診療 科/東京慈恵会医科大学 臨床疫学研究部 金久保祐介 編集
一般社団法人にじいろドクターズ 久保田 希 編集
一般社団法人にじいろドクターズ/ほっちのロッヂの診療所 坂井雄貴 編集
一般社団法人にじいろドクターズ/河北家庭医療学センター 山下洋充 編集

定価

3,300(本体 3,000円 +税10%)


  • B5判  193頁
  • 2022年5月 発行
  • ISBN 978-4-525-21291-9

LGBTQフレンドリーな医療機関になるために

セクシュアリティと医療に関する知識を網羅した,学術的ベースに基づいた医学書.
性の多様性に関する医療者の知識不足や配慮の欠如は,LGBTQの人々の医療アクセスへの障壁となり,多様化する社会ではLGBTQフレンドリーな医療機関を目指すことが求められています.本書では,医療者に必要なセクシュアリティの基本的な知識や,医療面接・問診票など病院・診療所での具体的な対応法をまとめました.

  • 序文
  • 目次
序文
 20歳の時に母の墓石の前で「私は変態だ,どうやってこれから生きていったらいいのだろうか」と大泣きしたことがあります.自分の恋愛対象は女性なのだと気付いた時のことです.あれから約20年が経過し,本書を皆様のお手元にお届けでき,医師として,またセクシュアリティについて悩んできた1人として,感無量です.
 性の多様性と医療については,短時間の講演や,単発の原稿ではなかなか伝えきれません.もっと学びたいと声をかけてくれた医師に「まずこれを読めば,ある程度解決できる」という日本語の書籍が見当たらず困っていました.そんな折に,月刊誌『治療』で全20回の連載「ジェネラリストのためのLGBT講座」を掲載することができました.その内容をベースに,連載で扱えなかった項目も加え,本書が完成しました.様々な分野の第一線でご活躍され,ご多忙にも関わらず執筆くださった皆様に心より感謝を申し上げます.
 本書の前半では学術的ベースに基づいた医療的な知識,後半では様々な支援に携わる方々の実践知が示されています.著者の方々の力強い言葉により,LGBTQの人々の多様性が浮かび上がるような一冊となりました.医療現場で働くすべての方々,また医療系学生の教育に携わる教員の方々にも役立つ書籍になったと確信しています.
 40歳を超え,やっとセクシュアリティは人生を豊かにしてくれるものだと感じられるようになりましたが,そう思えないような経験も多々してきました.どんなセクシュアリティであっても「このように生まれてきて幸せだ」と思えるには,個人の努力ではどうにもならないことも多く,社会が変わっていく必要があります.社会を変えるというと大事に聞こえるかもしれませんが,はじめの一歩は知ることから始まります.本書が,医療者の方が性の多様性について知り学ぶための一助となることを,さらには,どのようなセクシュアリティの人でも当たり前に,日本全国どこででも安心して適切な医療を受けられる社会作りの一助となることを,心より願っています.

2022年2月
吉田絵理子
目次
第1章 総論
1.医療者がなぜLGBTQについて学ぶ必要があるのか(吉田絵理子)
2.性の多様性についての総論(坂井雄貴)
3.LGBTQに関する医療の歴史(石丸径一郎)

第2章 医療一般
4.問診・診察において配慮すべきこと(山下洋充)
5.病院・診療所単位で取り組むべきこと(金久保祐介)
6.special populationとしてのLGBTQ(久保田 希)

第3章 研究
7.LGBTQの健康課題─メンタルヘルスと受診状況─(日高庸晴)
8.LGBTQの健康課題─学齢期におけるいじめ被害・不登校・自傷行為・自殺未遂の現状─(日高庸晴)
9.日本におけるセクシュアルマイノリティ女性に関する研究(藤井ひろみ)

第4章 セクシュアリティ
10.ゲイ・バイセクシュアル男性の健康問題とケア(山下洋充)
11.セクシュアルマイノリティ女性の健康問題とケア(久保田 希)
12.トランスジェンダーのケア―診断,治療,性別適合手術・ホルモン療法―(針間克己)
13.トランスジェンダーのケア─一般の医療セッティング,紹介のタイミング─(坂井雄貴)
14.トランスジェンダーのケア─子ども─(康 純)
15.DSDs─体の性のさまざまな発達の新しい理解と臨床 ─(ヨ ヘイル)

第5章 ライフコース
16.子ども・思春期のケア―小児診療の立場から―(杉山由加里)
17.子ども・思春期の支援―支援者の立場から―(遠藤まめた)
18.老年期のケア(永易至文)

第6章 専門科の視点
19.メンタルヘルス(林 直樹)
20.物質使用障害(湯本洋介,嶋根卓也)
21.HIVを含む性感染症(谷口俊文)
22.LGBTIQAとIPV(岡田実穂)
23.婦人科の視点─婦人科診療,リプロダクティブ・ヘルス,ホルモン療法─(池袋 真,白土なほ子,関沢明彦)
24.泌尿器科の視点―セクシャルヘルス―(土岐紗理)

第7章 支援・啓発・教育
25.医学教育─医学生,看護学生,すべての医療を学ぶ学生にLGBTQについて教える─(青木昭子,原田芳巳)
26.職場としての配慮(村木真紀)
27.包括的性教育の実践(金久保祐介)
28.法律家の視点―人権・アドボカシー―(鈴木朋絵)

第8章 団体紹介
29.当事者支援の実践─家族へのケア・家族への配慮─(三輪美和子)
30.当事者支援の実践─複合的マイノリティの視点─(松本武士,武藤安紀)
31.当事者支援の実践─HIV陽性者への支援─(生島 嗣)
32.当事者支援の実践─ソーシャルワークの視点から─(桂木祥子)
33.当事者支援の実践─貧困,ハウジングファーストの取り組み─(金井 聡)

第9章 まとめ
34.結びとして─医療機関を変えていくためにできること─(吉田絵理子)

巻末付録
1.サポート団体
2.おすすめの映画,書籍,絵本,コミックス
3.さらに学びたい人向けの医学系の書籍・文献・ガイドライン

索 引
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む