最新号

「薬局」2017年4月 Vol.68 No.5

在庫状況:在庫あり

2017年4月 Vol.68 No.5
認知症対応力のエッセンス

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(髙瀬 義昌)

■認知症に関する知っておきたい基礎知識!
・認知症が及ぼす影響と今後の認知症ケアの方向性(粟田 主一)
・認知症の種類とその特徴(亀山 祐美 ほか)
・発症メカニズムからみた認知症の理解(沼崎 宗夫 ほか)
・在宅認知症ケアにおけるコミュニケーション術(髙瀬 義昌)

■この患者さん認知症? いかに拾い上げ見極めるか!
・認知症のスクリーニングツールとその実践活用(工藤 千秋)
・薬剤師による認知症の気づきと疑った後の対応(川添 哲嗣)
・認知症の診断ストラテジーと鑑別のポイント(石川 正憲 ほか)
・認知機能低下を引き起こす薬剤と薬学的視点(國津 侑貴 ほか)

■認知症薬物治療のエッセンス!いつ・どの患者で・どう対応するか!
・抗認知症薬の必要性を考慮した開始・中止・再開のタイミング(大石 智)
・抗認知症薬の増量・切り替え・併用の考え方と実践(川畑 信也)

・BPSDに対する向精神薬の開始・増量・切り替え・併用の考え方(本間 昭)
・BPSDに対する向精神薬の減量・中止のタイミングとその方法(水上 勝義)
・薬剤カスケードを考慮した認知症患者の処方適正化のポイント(徳田 安春)

■認知症に対する非薬物治療の重要性と実践ポイント(遠藤 英俊)

■合併する認知症“以外”の疾患に対する在宅でのマネジメントの勘所!
・認知機能障害合併・高齢糖尿病患者における血糖降下療法のマネジメント(伊藤 眞一)
・在宅認知症患者における抗凝固療法のマネジメント(小田倉 弘典)
・在宅認知症患者における慢性心不全治療のマネジメント(平原 佐斗司)
・在宅認知症患者におけるがん疼痛のマネジメント(村上 敏史)


■認知症患者にとってよりよい社会と環境を作り出す取り組み
・認知症サポーターキャラバンの現状と課題(内門 大丈)
・地域に広がる認知症カフェ(武地 一)

■在宅認知症患者に対する薬学的管理の実践(萩田 均司)

シリーズ

■Dr. ヤンデルの言葉のネタ帳 ~“病院ことば”の,じっくり,例えば,結局は~
このままではいかんかい~Note 1. 「寛解」を言い換える~
(市原 真)
■医療従事者のギモンや困ったに答える! 特許のキホン
(黒田 薫)
■「治療」「薬局」合同連載 ポリファーマシー “処方整理力”を鍛える!
β遮断薬を考える!
(矢吹 拓)
■プロフェッショナルEYE 専門薬剤師からみた勘所
不育症の治療は可能か?
(三大寺 紀子/中島 研)
■緩和ケアでの問題解決力を磨く! 薬剤師のための5ステップ実践ガイド
疼痛改善後に発現したがん患者さんの嘔気と眠気
(伊勢 雄也/片山 志郎/鈴木 規仁/岡村 由美子)
■医療マンダラ ~思考と感性のセンスを磨く~
「よきチームワーク」のイメージとは?
~協和音によりハーモニーが生まれると美しい「音楽」になる!
同じ方向を向くベクトルからなる合成ベクトルは,より大きなベクトルとなる!~
(中野 重行)
■薬立つブレイクスルー! メディカル・レコード書き方講座
問題点(プロブレム)を挙げよう
(寺沢 匡史)

巻頭言

 現在,日本は国民のおよそ27%が65歳以上という超高齢社会を迎えている.さらに,2025年には団塊の世代の700万人が75歳以上の後期高齢者となり,老年期の疾患は身体,精神を問わずますます増えていくことになる.中でも,認知症の患者数増加は深刻で,2025年には認知症者が700万人を超えるとされている.その予備軍である軽度認知障害(MCI)の患者も含めると,優に1,000万人を超える見込みであり,認知症への対応は喫緊の課題の一つと言える.そこで国は,認知症への医療・介護サービスや地域サポートを統合的に提供するための地域包括ケアシステムの構築を目指している.2025年はもうそこまで迫ってきており,地域包括ケアシステムも仕上げの時期に入ってきていると言えるが,まだまだ十分とは言えない.その実現には,認知症の早期発見・早期対応,地域連携推進など,すべての医療従事者の認知症対応力を向上させることが特に重要だと考えられる.この状況を受け,認知症対策の国家戦略である認知症5ヵ年計画「オレンジプラン」や「新オレンジプラン」が厚生労働省によって策定・改訂されるなど,官民一体となった認知症対策が繰り広げられ,認知症の人と家族が,住み慣れた地域の中で穏やかに,安全に,継続的に暮らすことができる社会の創設を目指している.
 そこで今回,本誌では,認知症の対応力を向上させるためのノウハウとコツについて,各分野の第一線でご活躍されている先生方にご解説いただいた.臨床と研究に基づいた認知症を取り巻く最新情報を網羅し,専門職から認知症者の家族までお役立ていただける特集になっている.他人事では済まされないこれからの認知症問題について一石を投じ,明るい未来を見据えるためのお役に立てば幸いである.

髙瀬 義昌
医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 理事長

次号予告

2017年5月 Vol.68 No.6
薬剤性腎障害
― 発症を疑ったときの実践的アプローチ ―