次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2022年1月 Vol.73 No.1
「つながる」記録術
診療・調剤報酬算定&患者サポートに備える!

定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

特集の目次

■巻頭言:モノから人への時代に求められる「つながる」記録
■記憶より記録-立ち上がれ!令和の薬剤師
■情報を次につなげろ
■業務効率をアップする「記録」の書き方講座
■要点チェック!記録を算定要件とする診療・調剤報酬
■カルテを書く技術から学ぶ「つながる」記録のコツ
■私の「つながる」記録術

予告

「記録する」スキルは,議事録を作成するために,アイデアを創出するために,そのほか社会一般で活動するさまざまな場面で利用されている.その目的は,「将来のために物事を書き記す」ことである.医療での記録も同様である.ただし,使い方には特長がある。加工していない記録を他者がみて活用する点である.みる側は,学生時代に講義ノートを友達に借りる感覚に近いだろうか.丁寧に整理されたノートが使いやすいように,医療現場の記録も必要事項を丁寧に正確に整理することが,患者情報の共有につながる.
そこで本特集は,薬剤師による「記録」をテーマとした.記録の重要性をあらためて認識いただくとともに,業務効率をアップさせる記録の基本テクニックなどもご解説いただく.
薬剤師の記録は,多くは文字を書いた文書・入力した文書の重要性が高い.薬歴・指導記録がその一例である.この記録は,患者の服薬管理・支援などにつながるとともに,診療報酬・調剤報酬の算定要件にも欠かせない,大変重要なものである.
また,本特集では,記録で「つながる」ことを合わせてテーマに掲げた.対人業務が進展する薬剤師業務の中で,患者・医療スタッフ等との接点は益々増えるであろう.良好な関係を構築するために情報は共有できているだろうか.自分だけでなく,ほかの誰かの役に立つ記録は残せているだろうか.このような課題をクリアするきっかけとなるよう 各著者より“私の記録術”を披露いただくこととした.