最新号

「Rp.+レシピプラス」2020年冬号 Vol.19 No.1

在庫状況:在庫あり

2020年冬号 Vol.19 No.1
おさらい!がんの基本
がん関連処方に備える,患者さんを支える

ISBN: 978-4-525-92201-6

定価:1,320円(本体1,200円+税10%)

宮田佳典/村上 理/浜田康次/國枝献治/柳澤 悟/竹村弘司/三浦裕司/長瀬通隆/竹内大輔/宮本昌武/中村将人/柴田伸弘/此松晶子/勝俣範之/上森恵里/篠原佳祐/三浦篤史/浅井考介/柴田奈央/海老井佳織/杉山昌秀/新井まき枝/大久保由美/萬谷摩美子/井出康恵/内田まやこ/髙瀬久光/橋爪満紀子/赤瀬朋秀/青島周一/桑原秀徳/山本雅洋

はじめに

佐久総合病院佐久医療センター腫瘍内科/がん診療センター長
宮田佳典

がん治療には保険薬局との連携が不可欠


 最近は,多くのがん治療が外来で行われるようになっています.そのため,保険薬局とがん患者さんの関わりが以前よりもずっと増えてきているのを実感している薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

 次々と新しい薬剤や治療法,診断方法が開発され,薬物療法や放射線治療の副作用に対する支持療法も進歩しています.緩和ケアへの考え方も変わり,早期からの介入によって最期に近いときまで普通の生活を送ることが目標になってきています.このような状況のなか,患者さんの病気や治療内容を知らずに服薬指導できるか心配になることはありませんか? また,病気に対する不安を抱えた患者さんにどのように声をかけたらよいのか,困っている患者さんにどのようなアドバイスを送ったらよいのか,日々悩みながら対応していませんか?

 私の病院では約8年間にわたり毎月1回,医療従事者向けのがんに関する勉強会「佐久がん基礎講座」を開催しています.この勉強会には毎回多くの保険薬局の薬剤師さんが参加してくれて,薬剤師さんのがん診療を勉強したいという熱意をすごく感じています.続けていくなかで,薬剤師さんたちはがん診療にどんな疑問や不安を持っているのかが,だんだんわかるようになってきました.

 今回の特集では,現在のがん診療で重要なテーマについて,その道のエキスパートの方々が薬剤師さんの疑問にわかりやすく答えることにこだわった内容としました.本書をぜひ手元に置いて,服薬指導の助けとしていただければ幸いです.

患者さんに質問されて焦らないための「がん」のキホン

1. そもそも,がんってなに?
2. がんになりやすい人はいるの?
3. がんは遺伝するの?
4. がんのステージ,悪性度とは?
5. がんはどうやって見つけるの?
6. がん遺伝子検査はなぜ必要?
7. 「再発」ってなに?
8. がんは治るの?
9. 胃・大腸がん手術の後遺症で注意したいのは?

要点整理! がんノート

No.1 肺がん
No.2 乳がん
No.3 胃がん
No.4 大腸がん
No.5 肝臓がん
No.6 膵臓がん
No.7 子宮体がん/子宮頸がん
No.8 卵巣がん
No.9 前立腺がん

がんを叩け! がん治療の方針とくすり

1. 局所療法と全身療法
2. 治癒を目指すのか?延命を目指すのか
3. 抗がん薬の分類と特徴

「かたち」で紐解くがんのカガク

1. 抗がん薬のかたち
 ・抗がん薬もニセモノ!?
 ・抗がん薬と化学反応
 ・もはや抗がん薬は特別な薬ではない!

2. 発がん物質のかたち
 ・抗がん薬の発がん性
 ・酸化チタンの発がん性
 ・発がん物質との付き合いかた

患者さんの生活&療養サポート! 副作用と支持療法

1. 副作用とその対処法
 ・発熱
 ・骨髄抑制
 ・消化器症状
 ・手足のしびれ─末梢神経障害
 ・外見の変化に対応する
2. がん進行に伴う症状とその対処法
 ・がん疼痛
 ・食欲不振
 ・呼吸困難感・咳
 ・うつ症状
 ・静脈血栓塞栓症(VTE)
3. 困ったらだれ/どこに相談
 ・がんに関するどんなことでもご相談ください!─がん相談支援センター─
 ・医療費や使える制度について相談したい!─医療ソーシャルワーカー─
 ・症状がつらい…どうしたらいい?─緩和ケアチーム─
 ・語り合いの場が欲しい…─がんサロン─

コラム

・レジメンとは? サイクルとは?
・腫瘍マーカー
・予防接種(インフルエンザ,肺炎球菌)は受けたほうがよい?
・フッ素のチカラ
・ワクチンで防ぐ? 子宮頸がん
・食事と健康食品
・ポリファーマシー,薬剤師の一歩前進に期待!
・ストーマってなに?

Series

・最近のコクシ
 抗がん薬
・ハマゾン.co.jp
 がん─4000年の歴史─
・漢方検分録 ケースで学ぶ漢方薬の安全チェック
 抗がん薬の副作用に対して処方された漢方薬にも気を付ける!?
・エビデンスと実臨床の架け橋〜臨床疑問のゆくえ〜
 補完代替医療は積極的にすすめられるものなのでしょうか?

次号予告

SGLT2阻害薬