次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2021年11月 Vol.103 No.11
病院にとっての在宅医療
やってみる,繋がってみる

定価:2,750円(本体2,500円+税10%)

特集の目次

(編集幹事)
長野広之(京都大学大学院 医学研究科 医療経済学分野/よしき往診クリニック)
次橋幸男(天理よろづ相談所病院 企画準備室,天理よろづ相談所病院白川分院 在宅世話どりセンター)

問 病院で在宅医療を行うとどんなメリットがある?
問 在宅医療を経験してはじめてわかることは?


(特 集)
病院関係者が在宅医療にかかわる意味とは 長野広之

■病院で在宅医療をやってみる
病院と在宅医療とのかかわりの実際 次橋幸男
病院における在宅医療部門の立ち上げ 小林正尚
病院医師が在宅医療の当番に入る時─何に注意すれば上手く行えるか?─ 徳田嘉仁
病院関係者でも知っておくべき在宅医療で重要な社会制度とは 天野雅之

■病院医療者がどう繋がる?
病院医師が在宅医療関係者に伝えたいこと,伝えておくべきこと 田木聡一,他
病院関係者が知っていなくてはいけないこと─在宅医療の視点から─ 松本真一
循環器疾患における在宅医療 池島英之
神経疾患における在宅医療 澤 信宏
呼吸器疾患における在宅医療 近藤 健
小児科疾患における在宅医療 朝倉健太郎
血液疾患における在宅診療 藤田茉莉子

■繋がるためのポイント
在宅医療で薬を処方,投与する際に押さえておくべきポイント 小林正宜
病院外来から在宅医療へのケア移行〜いつどのように行う? 明石陽介
病院外来での多職種を通した在宅医療へのかかわり 溝江 篤,他


(連 載)
ゲンバで使える!リラックスして読める! 診療の○泌テク 松木孝和
ジェネラリストのためのLGBT 講座 村木真紀,他
臨床と宗教 死に臨む患者に私ができること 孫 大輔,他
頑張る女性をサポートする漢方処方プロセス 谷川聖明