書籍カテゴリー:生化学

生化学きほんノート
立ち読み

在庫状況:在庫あり

生化学きほんノート

1版

  • 明治大学 教授 浅賀宏昭 著

定価:2,052円(本体1,900円+税8%)

  • B5判 155頁
  • 2017年8月 発行
  • ISBN978-4-525-13151-7

概要

0からでも大丈夫!書いて覚える生化学ノート

生化学が「とにかく苦手」という人のための「解いて覚える」,「書いて鍛える」きほんノート.試験前の復習や,教科書では理解がむずかしく,知識の整理が困難という人のための自作ノート型問題集.基本中の基本となる問題を厳選したシンプルでわかりやすい一冊.解答は別冊方式で答え合わせもラクチン!

序文

 生化学は,生物の体を物質的な側面から理解しようとする学問です.生物は多種多様な化学物質の集合体で,人体ならタンパク質だけでも約十万種類もの分子より成ります.これほど多種類の物質はどうして必要なのでしょう.実は,生物の体はひとときも休まずにさまざまな化学反応を営む「代謝」で維持されているのです.代謝は,その場を確保し,コントロールすることが重要で,このために膨大な種類の物質が欠かせないからです.代謝が円滑に進まないと、病気になったり死んでしまったりすることもありますから,生化学は非常に重要な科目であることは容易に理解できると思います.しかし,私は,自ら教えた経験から,化学になじみのない学生にとって,これほど難しそうに感じる科目もないということを肌で感じていました.
 そこで本書では,生化学の内容のうち,初めて学ぶ学生向けに最小限の必須事項に絞り,それらを問題形式にまとめることにしました.形式を工夫し,すでに一通り学んだ学生の復習にも役立つように配慮してあります.
 本書は全14章より構成されています.このうち第1章を「生化学を学ぶための基本のき」としたことは大きな特徴です.高校までに学ぶ化学の内容のうち,生化学を学ぶ上でとくに重要なエッセンスをまとめたからです.また,各章には3択の選択問題,1問1答式の問題と,文章の穴埋め式のまとめ問題を作ってあります.これらを繰り返し解いてみてください.まとめ問題には答えを書き込んで,何度も読むのも有効かもしれません.このように本書を活用すれば、生化学の基本知識が効率的に身につくはずです.
 本書と,すでに出版されている「生理学きほんノート」「解剖学きほんノート」を合わせて活用することで,普段の授業の予習・復習や,試験勉強の対策などを確実にし,将来,さまざまな国家試験に合格されることを心より願っています.

2017年 6月
浅賀宏昭

目次

問題編
  1章 生化学を学ぶための基本の「き」
  2章 糖質
  3章 脂質
  4章 タンパク質
  5章 核酸
  6章 無機質
  7章 ホルモンとサイトカイン
  8章 酵素
  9章 ビタミンと補酵素
 10章 糖質代謝
 11章 脂質代謝
 12章 タンパク質代謝
 13章 核酸代謝
 14章 遺伝情報とその発現

解答・解説編・・・別冊