Rp2013年3月臨時増刊号

Rp2013年3月臨時増刊号 page 7/12

電子ブックを開く

このページは Rp2013年3月臨時増刊号 の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Rp2013年3月臨時増刊号

34 臨時増刊号服用滴剤を屯服として請求したり内服薬を外用薬として請求する誤りや、内服薬や屯服薬の用法不備もこの段階で点検します。明らかに屯服薬として請求が不適な場合や、内服薬として不適な場合は、毎日の点検において医療機関に問い合わせを行っておくことが必要です。?明細書の処方欄だけでは算定に至る理由が不明である場合、これらの事項を摘要欄に記載してその算定の根拠を示します。処方せんの備考欄などに記録していたコメントは明細書の摘要欄に転記します(図21 参照)。明細書の摘要欄には請求に際して求められている事項を簡潔に記載します(図20 参照)。調剤報酬明細書平成  年  月分 県番4 調剤保険記号・番号市町村老人受1 南○ 堂○2 △山 △株3456789101男 2女  1明 2大 3昭 4平  ・ ・   生1 4.1 4.3 ××錠100mg 3錠 5 14 63 70 133 0○○カプセル250mg 1Cap「内服」 分1朝食後服用1 4.1 4.3 △△錠50mg 6錠 40 14 63 560 45 203 465◎◎散 2g 10◆◆顆粒 1g「内服」 分3毎食後服用2 4.5 MS▲▲錠30mg 2錠 50 10 47 500 70 0 617「内服」 分2朝夕食後服用2 4.5 ☆☆液 30mL 20 1 10 20 0 304.5 「内滴」 便秘時2 4.5 ●●リキッド 7500mL 30 10 47 300 0 3474.5 「内服」 1日3回2 4.5 ◆◆錠0.1mg 10錠 15 1 21 15 8 0 444.5 「屯服」 医師の指示通り2 4.5 ▽▽30R 5キット 80 1 26 80 0 1064.5 「注射」 朝8単位 夕4単位2 4.5 万年筆型インスリン注入器用 注射針 標準型 70本 105 1 0 105 0 1054.5 「材料」10×××××× ×××××××51×××××× ×××××××公費?保険薬局の所在地及び名称保2 回1 回※高額     円※公      点※公      点請求点※ 決定点一部負担金 円調剤基本  点184 点点点点点点点点点点円円2387時間外等  点薬 学 管 理 料??東京都文京区湯島4丁目1-11Rp.レシピ薬局麻: 9999 号東京都文京区湯島4丁目1-11医療法人社団治療内科クリニック公費?職務上の事由医師番号処方月日調剤月日処      方医薬品名・規格・用量・剤形・用法調剤報酬点数  点公費分点数?公費分点数?単位薬剤料点調剤料薬剤料加算料調剤数量特記事項公費?3 4 ××××××薬コ1 社2 2併6 家外提出先1社保2国保計麻向氏名医療機関摘 要保 険??保険医氏名受付回数公費?減額 割(円)免除・支払猶予都道府県番号点数表番号医療機関コード点点カタカナ・平仮名でも可6歳未満は生年月日まで必要コードと略称を記載(02長、03長処など)処方日と調剤日が異なる場合に注意!!「1日3回」では用法不備!!  服用時点を明確にする用法として「医師の指示通り」では不明確船員保険で記載する事項点数表番号を確認保険医1名の時は番号省略可特定医療保険材料料の価格は材料価格基準「屯服」と「内滴」の混同に注意!!・月遅れ分は当該月を記載・返戻による紙レセプトでの再請求は月に赤丸屯服・外用・注射など総量で請求するものは調剤数量は「1」・編てつ時各保険種別の本人・家族を 混在させない・高-、高7など負担割合に注意2種公費のとき、左側に第1公費分(優先公費)、右側に第2公費分公費対象薬剤が1調剤中に含まれるとき、公費薬品名に下線単位薬剤料の下に公費薬剤料を下線を付けて記載麻薬を調剤したときは、麻薬小売業者免許番号・同一保険医の名前がないか・10名を超えた場合は11からの番号を付して 摘要欄に記載【摘要欄に記載が必要なもの】・介護保険の居宅療養管理指導費・介護予防居宅療養管理指導費を 算定したとき  とその回数・        調剤年月日、調剤時刻、算定事由・配合禁忌など内服薬別剤の理由・長期投薬の理由(海外渡航、年末年始など)・                  の調剤年月日、投薬日数・   の調剤年月日、投薬日数、指導日・老人被爆者→右下に赤色で・同一日複数回受付の理由と時刻・医師の指示または了解の旨(       など)・自家製剤の加算理由(処方内容から不明の場合)介原時・休・深包、自、困長B・   の調剤年月日、投薬日数、情報提供日・       に係る疾病とは別に、薬歴管理指導料を算定したときの算 定日・  の支援した日、服薬支援に係る処方医の氏名および保険医療機関の名称・   の指導日、共同で指導を行った保険医、看護師または准看護師の氏 名、保険医療機関の名称、退院後在宅医療を担当する保険医療機関の名称・サポート薬局が訪問薬剤管理指導を行ったときの訪問指導日、サポート薬局 名、理由(基幹薬局)・サポート薬局が訪問薬剤管理指導を行い、処方せん調剤もしたときの訪問指 導日(サポート薬局)・その他請求内容に関する特記事項支長A退共服、訪A 、訪B 、緊訪、緊共訪A 、訪B図20 記載事項点検のポイント