ブックタイトル症候別漢方治療論 月経関連症候

ページ
5/8

このページは 症候別漢方治療論 月経関連症候 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

症候別漢方治療論 月経関連症候

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

症候別漢方治療論 月経関連症候

27?帰調血飲患者プロフィール?主訴:月経不順.?34 歳女性. ?身長165 cm.体重62 kg.血圧128/76 mmHg.体温36.6℃.咽頭発赤なし.肺野清.心音正常.腹部平坦軟.肝脾触知せず.顔色不良.拍動性頭痛がある.軽度の冷え,むくみあり.抑うつ傾向.声に張りがない.腹部エコー検査を行ったが器質的疾患はなかった.赤血球数3.46 × 106/μL.ヘモグロビン(Hb)9.8 g/dL.鉄(Fe)22μg/dL,不飽和鉄結合能(UIBC)360μg/dL.フェリチン6 ng/mL.?生来から胃が弱い.また月経が周期的にこない.普段はおよそ40 日周期だが,仕事が忙しくなったり睡眠時間が減少すると2 ヵ月以上間があいてしまう.月経時には体調不良のせいで集中力が欠落し頭痛もひどく,経血も多い.同僚に迷惑をかけることが多いため申し訳なく思っている.?頭痛があったときに鎮痛薬を服用するが,胃が痛くなってしまうためあまり使えない.以前,産後のうつ症状に漢方が効果的だったことを思い出し,それがよいかと考えていた.近所にある漢方外来の評判がよいため,相談することにした.西洋薬(対症療法) 疾病・症候?帰調血飲構成生薬鎮痛薬,女性ホルモン薬(低用量ピル) 月経痛,月経不順当帰,牡丹皮ビタミンE 顔色不良鉄剤貧血,月経不順当帰,地黄利尿薬むくみ鎮痛薬,自律神経調整薬頭痛,頭重感白朮,茯苓,益母草鎮暈薬めまい精神安定薬,自律神経調整薬不安感,抑うつ,肩こり陳皮,香附子,烏薬胃腸機能改善薬胃腸虚弱白朮,茯苓,甘草,生姜,大棗この患者さんに処方されうる西洋薬の集合として漢方薬をイメージしてみる