ブックタイトル症候別漢方治療論 月経関連症候

ページ
4/8

このページは 症候別漢方治療論 月経関連症候 の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

症候別漢方治療論 月経関連症候

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

症候別漢方治療論 月経関連症候

26第2 章 漢方治療の実際本方の効能と特性◎四物湯の加味方で,貧血や顔色の悪い状態(血虚,?血)を改善し,体力を回復させるための方剤である.◎本方は元気がなく顔色も悪い人(気き 血けつ両りょう虚きょ)で,疲れやすくうつうつとした気分を晴れやかにし,貧血気味で冷えや浮腫もある状態を改善する.◎産後の衰弱,血の道症,月経不順,骨盤内うっ血症候群,貧血症,痔疾患,体力低下,自律神経失調症,乳汁分泌不足などに効果がある.白朮・茯苓・甘草・生姜・大棗・陳皮:胃腸機能を改善し,食事が摂れるようにする.香附子・烏薬:うつうつとした気分(気滞)を晴れやかにする.当帰・川?・牡丹皮:血の滞り(?血)を改善する.白朮・茯苓・益母草:浮腫など水の滞り(水滞)を改善し,浮腫やそれに伴う冷えなども改善する.当帰・川?・地黄:血で運ばれる栄養を補い(補血),月経不順,顔色不良を改善する.?きゅう帰き 調ちょう血けつ飲いん??構成生薬当とう帰き 川せん?きゅう 地じ黄おう 白びゃく朮じゅつ 茯ぶく苓りょう 甘かん草ぞう 生しょう姜きょう 大たい棗そう陳ちん皮ぴ 香こう附ぶ子し 烏う薬やく 益やく母も草そう 牡ぼ丹たん皮ぴ= 四し物もつ湯とう-芍しゃく薬やく+四し君くん子し湯とう-人にん参じん+(陳皮 香附子 烏薬 益母草 牡丹皮)??保険適応 産後の神経症,体力低下,月経不順患者の特徴顔色が悪く,気力・体力の衰弱した月経不順の人