バックナンバー

「薬局」2014年12月 Vol.65 No.13

在庫状況:在庫あり

2014年12月 Vol.65 No.13
「緩和薬物療法」上級講座

定価:2,052円(本体1,900円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(余宮 きのみ)
■緩和医療関連ガイドラインの行間を読む
・がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(浜野 淳)
・苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン(池永 昌之)
・がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン(久永 貴之)
・がん患者の呼吸器症状の緩和に関するガイドライン(田中 桂子)
・終末期がん患者の輸液療法に関するガイドライン(二村 昭彦 ほか)
■“ジレンマ症例”から導いた本当に重要な緩和ケアの勘どころ
・がん疼痛①(下山 理史)
・がん疼痛②(武井 大輔)
・苦痛緩和のための鎮静①(森住 美幸)
・苦痛緩和のための鎮静②(村本 和宏)
・がん患者の消化器症状の緩和①(京坂 紅)
・がん患者の消化器症状の緩和②(田辺 公一)
・がん患者の呼吸器症状の緩和①(細沼 里江 ほか)
・がん患者の呼吸器症状の緩和②(中西 京子)
・がん患者の呼吸器症状の緩和③(植松 夏子)
・終末期がん患者の輸液療法①(瀧野 陽子)
・終末期がん患者の輸液療法②(岡本 禎晃)
・がん患者の精神症状の緩和(奥山 慎一郎)
■緩和医療を支える“質の高いエビデンス”の構築
・緩和ケア領域における臨床研究の課題と方法論(森田 達也)
・緩和医療における薬学研究のススメ-日常業務を研究論文にする-(伊勢 雄也 ほか)

TOPICS

・副作用自発報告データベースを用いた副作用のシグナル検出
・サリドマイドの誘導体の実力とは -多発性骨髄腫に対するレナリドミドの効果-
・MRSA に対するβ-ラクタム薬とバンコマイシンのシナジーの可能性
・新生児期からの積極的保湿 -アトピー性皮膚炎や食物アレルギー予防の可能性-

シリーズ

■子どもの皮膚トラブル -薬局・薬店でのアドバイスのコツ-
(山本 一哉)
■がん治療への薬学的介入と症例サマリ
非小細胞肺がんへの薬学的介入
(浅野 裕紀/吉村 知哲/安部 崇)
■Pharm.D.を取り巻く医療環境レポート
・専門的な薬剤師レジデンシー制度の将来:大学卒業後3年の専門分野トレーニング
・臨床におけるコンピテンシーを評価すること
(木村 利美 ほか)
■徹底理解! 添付文書にある情報・ない情報
(堀 里子/三木 晶子/澤田 康文)
■メディカル・アプリ情報室
PK-PDにも対応する高機能な抗菌薬TDMアプリ:前編
(澁谷 正則)
■精神科薬剤師の事例でみつけた薬学管理Tips -観察・監査・対応の着眼点-
ラモトリギンの適正使用
(齋藤 百枝美 ほか)

Report

■医薬品安全性学のススメ(2)-薬剤師は薬の“おまわりさん”です-
(宇野 勝次)

付録

総目次

特集にあたって

『がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版(改訂2版)』が4年ぶりに改訂され,新たな薬剤や臨床研究などに関する情報が更新されるなど,緩和ケアは新しい知見をもとに日進月歩で進化している.一方,緩和ケアを実践していると複雑で困難な問題が生じ,診療ガイドラインや教科書から答えを導くことができないケースに遭遇する機会がある.そこで今回,“「緩和薬物療法」上級講座”と題し,緩和ケアのステップアップへ向けた特集を企画した.実際には,以下の3部構成とした.1つ目がガイドラインをフル活用するための読み方・使い方,2つ目が医師・看護師・薬剤師の症例から学ぶ緩和ケアの秘訣,3つ目が研究の考え方である.
各ガイドラインの解説では,ガイドラインに示されたエビデンスレベルや推奨レベルの捉え方など,読み方,使い方のポイントを解説し,それを踏まえた上で,ガイドラインの行間から読み解くことのできるメッセージ,さらには,緩和薬物療法に関連するトピックスを紹介した.続く症例の項では,質の高いエビデンスがなく,患者の希望や病状により判断が分かれるような症例,換言すると,答えが未知で誰もが悩み,ジレンマを抱えながら対応している症例を挙げ,緩和薬物療法の実臨床についてできるだけ多くの先生方にご執筆いただいた.そして最後に,質の高いエビデンス構築へ向けた臨床研究の方法論と薬学的視点をご解説いただいた.
緩和ケアに難渋する場合の道しるべは,基本に戻ることである.基本に戻るとは,まず「患者さんが今何に苦しんでいるのか?」「その苦痛の原因は何か?」をもう一度評価し考えてみることである.その上で,原因に沿った治療やケアを考える.薬剤師のみなさまにも,ぜひ苦痛を評価し,苦痛の原因を考えながら緩和ケアを行うことを期待する.本特集が,薬のスペシャリストとして,緩和ケアの現場で直面する問題を乗り越えるための一助となれば幸いである.

余宮 きのみ
埼玉県立がんセンター緩和ケア科 科長