バックナンバー

  • 2014年増刊 Vol.96
「治療」2014年増刊号 Vol.96

在庫状況:在庫あり

2014年増刊 Vol.96
知らなきゃ損する! Doctor's pearl

定価:5,616円(本体5,200円+税8%)

特集の目次

■診断・治療
心房細動の新規抗凝固薬
「何でもNOAC」は危険.事前の腎機能と貧血確認を(粟屋 徹,他)

ピロリ菌除菌の保険対象疾患拡大
ピロリ菌の除菌治療は,はじめの一歩(川崎彩子)

DPP-4阻害薬の使い方
食後高血糖はDPP-4阻害薬で改善できる(関口由希公)

あらたな血糖目標値
糖尿病の合併症予防にはHbA1c 7.0%未満を目指す(関口由希公)

睡眠障害の生活指導
不眠症治療では寝床で長く過ごさないよう指導する(内山 真)

認知症の新規薬剤
認知症の根本治療薬は,現時点では存在しない(岡村 毅)

DSMとICDの操作的診断基準
操作的診断は,エピソード診断,障害診断,特定用語診断を使え!(久我弘典,他)

認知行動療法入門
柔らかいもののみかたが心を軽くする(大野 裕)

紹介するべき精神疾患の見分け方
環境の変化を安易に精神症状と関係づけない (飯田諭宜,他)

傾聴以外の精神療法
精神科医の面接法「心療の切り札」(今村弥生)

精神医学up to date
知っているようで知らないいまどきの精神医学・医療の話題(今村弥生)

RA診断基準
RAの早期診断には関節炎の同定と他疾患の除外が重要(永井佳樹)

RA分子標的薬
生物学的製剤はもちろん,トファシチニブについても導入時に必要なステップを怠らない(澤木俊興,他)

プライマリ・ケア医のRAマネジメント
生物学的製剤使用中こそ問診,身体所見をしっかりと(菊地英豪)

線維筋痛症の診断基準
慢性疼痛が進展したら要紹介・要治療(岡 寛)

CKDガイドラインup to date
CKD診療ガイドライン2013は推奨グレードを意識して読む(孫 大輔)

CKDの分類・管理・紹介のタイミング
CKDの重症度は原疾患・推算GFR・タンパク尿によるCGA分類で評価する(孫 大輔)

透析患者における診療時の注意点
透析患者のQOLおよび予後改善には適正な体液管理が重要である(孫 大輔)

NHCAPガイドライン
NHCAPといえど,基本は市中肺炎と同じ (渋江 寧,他)

抗HIV薬の多剤併用療法
抗HIV薬の進歩と生命予後の改善,HIV治療の世界の動向(的野多加志)

HIV検査とその後のマネジメント
「この患者さんの症状,なんか変だな」と思ったら迷わずHIVスクリーニング! (羽山ブライアン)

結核を疑ったときの診断マネジメント
結核の治療はあせらずに,ちゃんと診断つけてから(上蓑義典,他)

結核を疑うときの注意点
結核を疑えば,まず隔離(三好和康,他)

結核の検査法
IGRAは結核感染を間接的に推測する“補助”検査(馳 亮太)

帯状疱疹の治療と予防ワクチン
帯状疱疹は細胞性免疫低下をみつけるチャンス(法月正太郎)

帯状疱疹後神経痛への対処
痛みの対応は早期にしっかりと! ただし副作用に気をつけて(岩間秀幸)

マイコプラズマ感染症の診断up to date
マイコプラズマ感染症の診断は,今も昔も臨床診断が最重要(上山伸也)

百日咳の診断up to date
百日咳は臨床診断で治療開始! 検査は出して後日確認 (杤谷健太郎)

耐性菌up to date
耐性菌感染症のケアは診療所といったプライマリ・ケアの段階から(大場雄一郎)

ウイルス性肝炎の診断
ウイルス性肝炎の診断は,いつ・何を測定するかが重要(松尾裕央)

ウイルス性肝炎の最新治療
B型肝炎は抗ウイルス薬,C型肝炎はDAA(松尾裕央)

梅毒検査の結果の評価(RPR,TPHAなど)
梅毒検査はTPHAで感染の有無を,RPR定量で活動性や治療効果の判定を行う (織田錬太郎,他)

予防接種キャッチアップ
成人の予防接種キャッチアップの考え方 (菅長麗依)

海外渡航前のワクチン
海外渡航は命がけ!? 無事に帰国できるよう危機管理を万全に(中山久仁子)

一次救命処置up to date
心肺蘇生では強く・早く・絶え間ない胸骨圧迫が大切(宮道亮輔)

診療所での小児救急
子どもは見た目が命!―見て・聞いて・感じて― (茂木恒俊)

診療所での成人救急
診療所で救急疾患と判断した場合は動きながら考え行動する(遠井敬大)

骨粗鬆症の診断・検査
骨代謝マーカー,最近の使い方(宮川 慶)

骨粗鬆症治療薬の使い分け
年代×重症度×社会生活=治療方針決定(宮川 慶)

ビスホスホネート処方時の顎骨壊死
ビスホスホネート副作用とのつきあいかた(宮川 慶)

発達障害児を診察するときのコツ
かかりつけ医が診ていこうcommon diseaseとしての発達障害(岩間真弓,他)

巻き爪の具体的治療法
巻き爪は,切らずに伸ばしてワイヤー矯正(渡邉隆将)

緊急避妊のマネジメント
緊急避妊に禁忌はない(池田裕美枝)

更年期障害のマネジメント
更年期障害の症状にはHRTが奏効するものとしないものがある(池田裕美枝)

女性の頻尿
女性の頻尿への対応は,まず排尿記録!(藤島淑子)

女性の尿失禁
女性の尿失禁への対応の第一歩は患者の排尿習慣を知ること! (藤島淑子)

新しい疼痛緩和系薬剤
疼痛コントロールには新規薬剤を組み合わせる(萩原彰人,他)

在宅・外来の簡易なリハビリ指導
在宅でのリハビリでは歩行に加え起居動作も重視すべし(佐藤健一)

漢方薬処方する際の注意点
最低限の原則さえ押さえておけば,漢方薬処方は難しくない(樫尾明彦)

漢方薬治療が1st choiceとなる症状
こんな症状には,漢方が第一選択!(樫尾明彦)

ウイルス性上気道炎に対する漢方治療
クリニカルパールから学ぶ漢方―治りきらないかぜ症状に対して― (今藤誠俊)

インフルエンザやノロウイルスなどの迅速検査
インフルエンザ,ノロウイルス感染は迅速検査に頼り過ぎない(小野大輔,他)

高齢者での注意すべき薬ののみ合わせ
代表的相互作用のパターン認識で,処方薬物のよりよい選択を (玉城武範)

困難な患者への対応
困難な患者はなぜ困難? コミュニケーション,陰性感情の気づきを大切に(小林正樹)

紹介状の書き方
紹介目的と自分の見立て,患者の希望を明確に書く(望月 亮)

返書の書き方
安心してまた紹介したくなるような返書を書く(望月 亮)

休職の診断書を求められたときの対応
診断書の目的を確認し,正確性・妥当性を意識する(小宮山 学)

介護保険主治医意見書の書き方
主治医意見書は診断書ではない!(高柳宏史)

訪問看護指示書および特別訪問看護指示書の書き方
適切な記載が訪問看護との円滑な連携と診療報酬につながる(石川美緒)

■経営・制度
開業時に知っておきたいコト
開業までの教え10ヵ条(森永太輔)

継承開業のコツ
継業開業のコツは,RESPECT!(児玉和彦)

診療報酬についての勉強法
診療報酬を知らずして給料をもらうべからず(大橋博樹)

スタッフの雇用
人材採用はしっかり準備をしてあせらずじっくり待て(田中久也)

医療保険の仕組み
「高額療養費制度」は医療機関側が患者に案内する(加藤光樹)

介護保険の仕組み
病気や制度だけでなく,患者の生活に着目を! 介護保険の基本は「自己決定」(三原 岳)

難病支援の解説
難病支援は医師が気づいて窓口につなげるところから始める(平山陽子)

障害者総合支援法の解説
若い難病患者は障害者総合支援法で介護サービスが利用できる(高橋 慶)

成年後見制度の解説
はじめての成年後見制度書類―とにかく患者情報を集めよう―(今藤誠俊)

新専門医制度の解説
後期研修の必修化がやってくる!―総合診療専門医制度の導入― (前野哲博)

医療事故調査の解説
医療事故調査制度の創設に向けて枠組みがまとまる(後 信)

各国におけるプライマリ・ケア制度の比較
プライマリ・ケアは諸外国でも重要な政策課題である(青木拓也)

医療と法
想定外の在宅死,死亡診断書か? 死体検案書か?(守屋章成)

診療報酬に関する実務的知識
在宅医療制度の動向把握に診療報酬算定を活用する(齋木啓子)

医療訴訟対策
患者からクレームがあったら,迅速な対応,一定の道義的謝罪と専門家への相談を (福山正紀)

決算書の見かた,考えかた
決算書はポイントを押さえて読む(小宮山 学)

PDSAサイクル
医療の質の改善は小さなPDSAサイクルを回し続けることで実現できる(喜瀬守人)

SWOT分析
医療機関の経営戦略を考えるために,SWOT分析を活用する(栄原智文)

バランスト・スコアカードの使い方
医療機関の経営戦略を立てるために,バランスト・スコアカード(BSC)を活用する (栄原智文)

■IT・アプリ
仕事に役立つIT機器の紹介
いまどきの若者は書くのは苦手でも入力は得意(雨森正記)

仕事に役立つIT機器の紹介
在宅医療における情報共有にはスマートフォン×クラウドの活用がカギ!(遠矢純一郎)

仕事に役立つIT機器の紹介
クラウド環境構築のススメ(小宮山 学)

Facebookの活用法
きれいな写真を撮って上手にコンサルテーションする (下 正宗)

Twitterの活用法
実名で登録し公共の場で発言しているつもりで利用する(藤沼康樹)

Scribdの活用法
学びは,徹底してシェアすることで何倍にもなって返ってくる (佐藤健太)

Scrivenerを用いた文章作成
Scrivenerで快適な執筆環境を実現(菅家智史)

Evernoteの活用法
情報は一元化する(遠井敬大)

Skypeの活用法
Skypeで遠く離れたみんなが結集! 無料ミーティングが開催できる(高柳 亮)

Mendeleyを用いた文献の管理術
文献は一括管理し時間を節約.取り込み・検索・まとめ・引用もMendeleyで簡単に(田頭弘子)

UpToDateの使い方
UpToDateに時間を使うな(南郷栄秀)

DynaMedの使い方
あまりの有用さに秘密にしておきたかったDynaMedの使い方(加藤幹朗,他)

プレゼン資料のつくり方
“脱”既存プレゼン!! Smartなプレゼンのつくり方(宇井睦人)

負けない体のつくり方
睡眠体質を理解し,ストレスフリーのタスク管理を行う(佐々木隆徳)

ジェネラリストのキャリア・デザイン
ジェネラリストが独自のキャリアを築く時代(井上真智子)

キャリア選択(Academic GP)
Academic GPは臨床医と研究者の距離を埋める(宮地由佳,他)

キャリア選択(Clincian-Researcher)
臨床と研究の橋渡しというキャリア(渡邉隆将)

女性医師のキャリア
節目にしっかり悩んで自分で決める,時には流れにまかせて楽しむ(増山由紀子)

生涯学習のコツ
年単位の生涯学習では自分を変化させると同時に変化のさせ方も変化させる (松井善典)

開業するタイミングは?
医療ニーズを把握し,院長となる覚悟を決めたら開業!(櫛笥永晴)

開業するタイミングは?
家庭医であれば,開業は自然なキャリアである(大橋博樹)

医師ライフ開業するタイミングは?
開業は,“スタイル”と“時間”と”縁”が大切(栗原大輔)

開業するタイミングは?
クリニックのコンセプトを明確にしてから開業する(中山久仁子)

転移と逆転移の心理学
患者の心の動き(転移)から自分の心理状態(逆転移)に気づく(田中伸一郎)

読むといい本
本棚はclinical pearlの源(今村弥生)

■教 育
診療所で使えるコーチング術
コーチングによって学習者の能力を最大限に引き出せる(田口智博)

困った学生・研修医への対応
困った学生・研修医を「性格ややる気の問題」と片づけない(泉 祐介)

学び続けるチームビルディング
理論を知って実践に活かす,協働して理想に向かうチームを創ろう!(塩田正喜,他)

慢性疾患のプリセプティング法
外来慢性疾患のプリセプティングにはGRIPE Modelを使う(安来志保)

忙しい外来のなかでのフィードバック法
5 micro skills は簡単に学べ,多忙な診療現場で指導効果を発揮するツール(鄭 東孝)

チーム医療としてのIPE/IPW
多職種連携は,他の職種との相互依存に気づくことから始まる(春田淳志)

成人学習理論
成人学習理論は医師の生涯学習における基本原理であり,自らのスタイルと経験を俯瞰するための道具である(喜瀬守人)

インストラクショナルデザイン
目標・評価・方略の「三色もなか」で考える(孫 大輔)

  • 2014年増刊 Vol.96