書籍カテゴリー:感染症学|臨床薬学

抗菌薬Navi
立ち読み

在庫状況:在庫あり

電子書籍版はこちら

(医書.jpに移動します)

もう迷わない!
抗菌薬Navi

第3版

  • 愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 教授 三鴨廣繁 監修
  • 名古屋セントラル病院 薬剤科 坂野昌志 編著
  • 安城更生病院 薬剤部 奥平正美 著
  • 地域医療機能推進機構 中京病院 薬剤部 中根茂喜 著

定価:3,080円(本体2,800円+税10%)

  • A5判 343頁
  • 2021年9月 発行
  • ISBN978-4-525-77443-1

概要

大好評の感染症治療薬の攻略本が,新しくなってさらに充実!

感染症治療薬を処方・管理する初学者に押さえてほしいポイントを解説した攻略本.PK/PDの考え方から,100種類を超える薬剤の臨床上重要な特徴をまとめました.
世代による違いや,薬剤同士の特徴を比較することで,「ほかの薬と比べて何が違うのか?」という疑問を解決し,初学者の感染症治療薬の理解へ繋げます.
今回の改訂では,内容のアップデートに加え,感染症治療に用いられる抗体医薬品やCOVID-19治療薬の項目を追加.

序文

 おかげさまで「もう迷わない!抗菌薬Navi」は好評をいただき,改訂3版を発行することになりました.改訂3版も坂野昌志先生のリーダーシップのもと,2版より執筆者としてお迎えしたAST(Antimicrobial Stewardship Team)でご活躍されている現役薬剤師,奥平正美先生,中根茂喜先生とともに編集を進めてきました.従来から,本書はASTで活躍する薬剤師の先生方だけではなく,研修医,看護師,医学部学生,薬学部学生にも利用いただいてきました.改訂3版は,新しく上市された薬剤に加えて,新しく創生されたエビデンスも含めて改訂されています.
 感染症は,入院,外来問わずに認められ,高齢者,腎機能低下者,肝機能低下者,免疫不全者,小児など,どのような人にも発症し得る疾患です.このような背景もあるため,感染症治療に関与できる能力を身につけることはすべての薬剤師にとって必要であると考えられます.感染症診療の基本は,適切な検体採取と検査に基づいた診断,適切な抗感染症薬の選択と投与,必要な場合は早期のドレナージ・外科的介入に尽きると思います.もちろん適切な診断,ドレナージ・外科的介入の必要性について言及していただくことも重要だと考えますが,感染症診療において,薬剤師が最も期待されていることは,病態や医薬品の特性を理解した上での選択,病態に応じた投与量の調節,調整方法や投与経路,服用方法の指導,投与後の薬効,有害事象評価などだと思います.感染症の多くは急性期疾患であるため,患者さんの予後は見やすくやりがいも大きいと思います.しかし,抗感染症薬に注目しても,薬剤選択,投与量調節,服薬指導,有害事象観察など,初学者にとっては,何に注意してよいのか不安となることも多いと思います.そのような場面でご利用いただきたいのが「抗菌薬Navi」です.
 初学者は,理解しておくべき情報がまとめられているSTEP 1を参考にしていただきたいと思います.薬剤の特徴が理解できていれば,STEP 2で当該薬剤がどのような感染症や微生物に対して使用されるのか学んでいただきたいと思います.さらに,STEP 3では適切な投与方法を行うために必要な知識を復習,確認いただき,「一歩進んだ臨床応用」では発展的な内容を理解し,ご自身の新たな研究課題を見つける契機にしていただければと考えています.
 本書を利用することで,感染症を専門とする薬剤師が一人でも多く誕生すること,感染症を専門としなくても感染症に理解がある薬剤師が誕生することを切に願っております.また,医師,臨床検査技師,看護師,医療系学生の皆さんの学習に役立てていただければ幸いです.

2021年9月
愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 教授
三鴨 廣繁

目次

第1章 今日から使えるPK/PDの基礎知識
・抗菌薬側からみた感染症治療の考え方
・PK/PDの基本事項
・MICと耐性菌

第2章 今日から使える抗菌薬の基礎知識
1 ペニシリン系抗菌薬
2 セフェム系抗菌薬
3 カルバペネム系・ペネム系抗菌薬
4 アミノグリコシド系抗菌薬
5 キノロン系抗菌薬
6 マクロライド系抗菌薬
7 テトラサイクリン系抗菌薬
8 抗MRSA薬
9 その他の抗菌薬
 ・モノバクタム系抗菌薬
 ・ホスホマイシン系抗菌薬
 ・ST合剤
 ・リンコマイシン系抗菌薬
 ・メトロニダゾール
 ・ストレプトグラミン系抗菌薬
 ・グリシルサイクリン系抗菌薬
10 抗体医薬品
 ・抗CDトキシンBヒトモノクローナル抗体
 ・抗RSVヒト化モノクローナル抗体
11 抗真菌薬
12 抗結核薬
13 抗ウイルス薬
 ・抗ヘルペスウイルス薬
 ・抗サイトメガロウイルス薬
 ・抗インフルエンザウイルス薬
 ・抗肝炎ウイルス薬

第3章 今日から使える微生物の基礎知識
・微生物の分類と特徴
・代表的な微生物