書籍カテゴリー:東洋医学|臨床薬学

専門家のコンセンサスに基づくポケット漢方薬ガイド34
立ち読み

在庫状況:在庫あり

電子書籍版はこちら

(医書.jpに移動します)

専門家のコンセンサスに基づくポケット漢方薬ガイド34

1版

  • ポケット漢方薬ガイド 編集委員会 著

定価:2,970円(本体2,700円+税10%)

  • A5判 158頁
  • 2021年7月 発行
  • ISBN978-4-525-47141-5

概要

漢方の専門家が徹底議論して作った,日常診療に役立つ漢方診断・方剤選択の解説書!

経験や主観的判断によって確立されてきた漢方医学・処方論を,日常診療で誰でも利用できる形式知とすべく複数の専門家が徹底議論! 合意が得られた処方ロジックに基づき,漢方薬を解説しました.一般診療を広くカバーできる頻用処方「漢方薬34方剤」を取り上げ,添付文書情報とともに,熟練者が使い分けのポイントとしている所見,方剤ごとの寒熱・虚実・気血水の相対もひと目でわかる構成になっています.
付録には,各方剤の漢方医学的病態早見表,舌診・腹診・脈診の判定基準,腹診の基本手技を収録.オールカラーで見やすく,日常診療にすぐに役立つ知識をコンパクトにまとめました.漢方薬の初学者から上級者まで必携の1冊.

序文

 現在漢方薬は広く医療に用いられており,その使用方法に関する解説書もあまた存在するなか,なぜ本ガイドを出版することとなったのか,本ガイドの特徴を述べながら説明したい.
 漢方医学がもっとも頼りにするのは伝統的知識であるが,伝統的知識はその性質上,流派による違いが生じやすい.どの本で学んだか,どの先哲から指導を受けたかで漢方薬の処方の仕方は大きな影響を受ける.従来の解説書は,当該部分を執筆した著者の知識を表現しており,特定の流派の考えに基づいた内容にならざるを得なかった.これはこれで漢方医学の特徴に沿うものであり,漢方を勉強する際には当然の前提であるとも考えられる.しかし漢方を学び始める場合,最初の段階ではできるだけ普遍的な考えを知識として取り入れ,それを基に発展させてゆく方が合理的であろう.この段階で漢方学習が終了してしまう場合はなおさらである.
 本ガイドの目的は,漢方初学者にできるだけ一般的・普遍的な漢方薬の使い方を習得していただくことである.そのため,これは本ガイドの最大の特徴であるが,内容はすべて8人の漢方専門医の合意形成で決めた.もちろん内容の一字一句にわたり8人すべてが完全に同意したわけではないが,この表現であれば受け入れ可能というレベルになるまで議論を重ねた内容を反映した.つまり本ガイドでは,8人各々の考えが相違する部分はそぎ落とし,共通認識部分を表現することでできうる限りの普遍化を図った.
 もっとも,たかだか8 人が合意しただけで日本の普遍的な考えであるというのはおこがましいし,そもそも普遍的とは何かという議論も必要であろう.ただ,合意形成に関わった8人の漢方専門医はそれぞれが経験豊富な漢方臨床医であるとともに,日本の漢方医学教育界においても重要な役割を果たしている.その意味で本ガイドの目的を達し得るレベルの普遍性は担保されたのではないかと考えている.この点,読者諸氏のご批判を仰ぎたい.
 なお本ガイドは,文部科学省 革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)北海道大学 CO『I 食と健康の達人』(JPMJCE1301)のサテライト拠点の活動の一環として支援を受けた研究に付随して作成されたものである.

2021年6月
ポケット漢方薬ガイド編集委員会

目次

34漢方方剤解説

・黄連解毒湯
・葛根湯
・加味逍遙散
・桂枝湯
・桂枝茯苓丸
・香蘇散
・五苓散
・柴胡加竜骨牡蛎湯
・柴胡桂枝乾姜湯
・柴胡桂枝湯
・四逆散
・十全大補湯
・小建中湯
・小柴胡湯
・小青竜湯
・真武湯
・大建中湯
・大柴胡湯
・大承気湯
・当帰四逆加呉茱萸生姜湯
・当帰芍薬散
・人参湯
・麦門冬湯
・八味丸
・半夏厚朴湯
・半夏瀉心湯
・白虎加人参湯
・茯苓四逆湯
・防已黄耆湯
・補中益気湯
・麻黄湯
・麻黄附子細辛湯
・抑肝散
・六君子湯

付録

・34方剤と漢方医学的病態の対応表
・舌診・腹診・脈診の所見判定基準
・舌所見の典型例
・腹診の基本手技