書籍カテゴリー:小児科学|産婦人科学

実践力UP!NCPR(新生児蘇生法) 37のポイント
立ち読み

在庫状況:在庫あり

電子書籍版はこちら

(医書.jpに移動します)

実践力UP!NCPR(新生児蘇生法) 37のポイント

1版

  • 公益財団法人田附興風会医学研究所 北野病院小児科 水本 洋 著

定価:2,700円(本体2,500円+税8%)

  • B5判 82頁
  • 2015年4月 発行
  • ISBN978-4-525-28141-0

概要

あなたの施設で蘇生を必要とする赤ちゃんが生まれたら…あなたは自信をもって,適切な蘇生を行うことができますか?NCPR講習会や勉強会で学んだ知識を,いざという時に「実践できる」よう,具体的な症例から37のポイントをまとめました.付録の「シナリオ集」で,リアリティのある実習を実施してみてください!

本書付録の「シナリオ集」に対応した「NCPRシナリオシミュレーター」をご利用いただけます.使い方,動作環境については本書をご覧ください.(ダウンロードしたファイルを『すべて展開』してからご利用ください)
       ↓
ダウンロード  NCPR.zip

序文

私は2007 年にNCPRインストラクターの資格を取得し,Aコース・Bコースを約50回開催してきました.また正規のコース以外にも,新生児蘇生の勉強会を何度も行いました.NCPRの究極の目標は,「赤ちゃんがいつ,どこで生まれても,適切な蘇生を受けることができる」ということです.しかし日頃滅多に蘇生を行う機会のない施設において,いざという時に使える知識・技術・チームワークを定着させるということは,とてもとても難しいことです.私自身,講習会のたびに「これで本当に赤ちゃんの予後は改善するのだろうか?」と考え,有効な学習方法について今も試行錯誤しています.

本書は私がNCPR講習会や勉強会の中でお話させていただいていることや,受講後の継続的な学習の方法について考えていることをまとめました.新生児蘇生に関する知識は田村正徳編集「新生児蘇生法テキスト 改訂第2版(メジカルビュー社)」に詳しく書かれています.その知識を「知っている」から「実践できる」に昇華させるために,本書がお役に立てれば幸いです.

本書を執筆するにあたり,私のこれまでのインストラクションの経験から,以下のことを意識しました.


1.症例をベースとして解説しています

知識としては理解していても,それを実践できるようになるためには,症例経験の積み重ねが必要です.本書は最初に症例を提示して,そのシナリオの中でポイントを解説するような構成にしています.臨場感が伝わるように,物語風に表現してみました.登場人物である新人看護師・小児科研修医が成長する様子もあり,最後までお楽しみいただけると思います.

2.うまくいかない場合の対応について強調しています

経験の少ないスタッフにとって,最も知りたいことは「処置がうまくいかない場合の対応」でしょう.もしもこの状況で気管挿管ができなければどうするか?バッグ・マスク換気がうまくいかない時に何をチェックするべきなのか?物品が限られている状況で蘇生をしなければいけない時はどう対処する? など,身につけておけばきっと実際の蘇生でも慌てないで対応できるような,そんな知識についてまとめています.

3.デブリーフィング・シミュレーションにこだわっています

時間をかけたデブリーフィング(振り返り),リアリティのあるシミュレーション実習について,「とても講習会でそんな時間はないですよ」,「そんな高度な実習は誰もついて来られないじゃないですか?」とご意見をいただくことがあります.それでも私はこう主張します.「デブリーフィングはとことん時間をかけて共有してください」,「リアリティのある実習だからこそ,本番でも役立つ技術が身につくのです」と.症例7〜9にはそんな私のこだわりを詰め込みました.


さあ「付録」のシナリオ集を使って,皆さんのご施設でもぜひ「実践力が身につく実習」を実施してみてください!本書が新生児蘇生の学びのきっかけとなり,赤ちゃんの予後が改善することを願ってやみません.

この本の企画をご提案いただき,出版に至るまで細かくサポートしていただいた南山堂の高見沢恵様,この本を世に出すことを応援してくださった日本大学小児科の細野茂春先生に,心より感謝申し上げます.

2015年3月
水本 洋

目次

CONTENTS

症例1 赤ちゃんを救うのは,あなたの人工呼吸です
Point1 新生児仮死の90%は,あなたの人工呼吸だけで蘇生でき
Point2 目の前の赤ちゃんに,人工呼吸は必要ですか?
Point3 あなたの人工呼吸は成功していますか?
Point4 徐脈が改善しない,胸郭も上昇しない時にチェックすること
Point5 パルスオキシメータを装着するタイミング


症例2 回せ,回せ.酸素を,血液を
Point6 人工呼吸だけで蘇生できない?胸骨圧迫が必要な状況を理解しましょう
Point7 酸素を使うことを忘れずに
Point8 両母指圧迫法を,正しい手技で
Point9 胸骨圧迫開始後も,冷静に「評価」,「行動」できますか?


症例3 だから,挿管しよう
Point10 蘇生中に気管挿管を考慮するべき状況について
Point11 気管挿管“介助”の仕事は5つです
Point12 気管挿管成功の確認方法は? ?カプノモニターも万能ではない?
Point13 ボスミンRの投与方法を覚えておきましょう 
Point14 蘇生後のケア,特に脳低体温療法の適応を覚えておきましょう


症例4 努力呼吸がなかなか改善しない…
Point15 気管吸引の適応と方法
Point16 パルスオキシメータの使い方
Point17 ちょっとくらい酸素を使ってもいいじゃない?
Point18 CPAPと酸素投与のどちらをするべきか?
Point19 あなたのCPAPは,本当に赤ちゃんの呼吸を助けていますか?
Point20 NCPRアルゴリズムのゴールとは?


症例5 小さな命の始まりは… 
Point21 小さな赤ちゃんが生まれる際に,特別に準備することがあります
Point22 母児関係促進のために,できることがあります


症例6 昨日生まれた赤ちゃんにも,NCPRは使えます
Point23 蘇生に必要な物品が限られている場合の対応
Point24出生直後に行う蘇生と異なる点


症例7 あなたの役割,わかっていますか?
Point25事前に役割分担を決めておけば,気持ちと物品の準備ができます
Point26共有すべき情報は,はっきりと伝えましょう
Point27個人やチームの限界を知り,できないこと,不安なことは伝えましょう
Point28お互いの手技も観察し,積極的にコミュニケーションを取りましょう


症例8 貴重な経験!こんな活かし方はどうですか?
Point29蘇生の記録があれば,振り返り・共有に便利です
Point30大きなイベントはできるだけ多くのスタッフで振り返りを


症例9 こだわるのは理由があります
Point31シミュレーション実習は失敗してナンボ
Point32こだわりのシナリオ実習の実際
Point33 タイマーを動かしてみましょう
Point34心拍数は実際の音で伝えましょう
Point35成功が保証されていない,挑戦的な実習であること
Point36蘇生人形を用いた実習の限界
Point37いざという時に役立つ知識や技術を維持するためには


References


付録 シナリオ集
・シナリオ集の使い方
・NCPRシナリオシュミレーターの活用方法
・オリジナルシナリオを作ってみましょう!
・実際のシナリオ演習の様子の動画
シナリオ 1:蘇生の準備と,初期処置を完璧にする
シナリオ 2:安定化の流れの対応を身につける
シナリオ 3:必要な症例に遅れることなく人工呼吸を開始する①
シナリオ 4:必要な症例に遅れることなく人工呼吸を開始する②
シナリオ 5:必要な症例に遅れることなく人工呼吸を開始する③腹部膨満対策を行うことができる
シナリオ 6:胸骨圧迫まで必要な重症仮死に対応できる①
シナリオ 7:胸骨圧迫まで必要な重症仮死に対応できる②
シナリオ 8:気管挿管・ボスミンR投与まで必要な重症仮死にチームで対応できる①
シナリオ 9:気管挿管・ボスミンR投与まで必要な重症仮死にチームで対応できる②
シナリオ10:オリジナルシナリオ用のテンプレート


COLUMN
1 出生後の人工呼吸における「胸の上がり」はわかりにくい
2 出生後,ルーチンケアに…それで終わり?
3 中心性チアノーゼの肉眼的な評価は当てにならない
4 自己膨張式バッグを使用した場合の酸素濃度について
5 どんなときに2本指法を使う?
6 胸骨圧迫開始後の心拍数チェック
7 ラリンゲアルマスクエアウェイ(LMA)
8 気管挿管後の人工呼吸と胸骨圧迫は,同期?非同期?
9 羊水混濁を認めた場合の対応について
10 早くパルスオキシメータを表示させるには?
11 両手を用いたCPAP・人工呼吸
12 蘇生が終わったら,パルスオキシメータは足に巻きましょう
13 早産児の人工呼吸中のモニタリング
14 新生児蘇生における心電図の使用
15 蘇生のチーム力を評価する
16 蘇生の様子を記録してみると…
17 新生児蘇生のシミュレーション教育にエビデンスはない?
18 リアリティのある実習(high─fidelity simulation)
19 ものすごく能動的かつ濃密な60秒間
20 緊張した場面での心拍数評価
21 嫉妬した論文
22 NCPRのSコースをご存知ですか?